冬のレディースファッション!ジーンズコーデ特集

ジーンズ
とも

一年を通して、おしゃれなコーデに欠かせないアイテムであるジーンズ。

あまりおしゃれに興味がない人でも1.2枚は必ず持っているというほど、もはや定番のアイテムとなっていますよね。しかし定番のアイテムなので、コーデも定番の組み合わせになってしまいがちなアイテムでもあります。

そんなジーンズのおしゃれな着こなし方などを、紹介していきます。

スポンサーリンク

冬コーデにもジーンズはオススメ!

ジーンズ画像引用元;http://milanda.net/?cat=79

ジーンズは一年中着回しができるアイテムで、これからの時期も大活躍してくれること間違いなしです。

また、最近ではいろいろなデザインやカラーのジーンズが、販売されているので合わせるアイテムや、着て行くシーンなどによって様々なものを自由に選べるのも、ジーンズの魅力ですよね。

ジーンズの人気や口コミについて

冬ファッションのジーンズの着こなし術

ジーンズ 画像引用元;http://fuyuumaredesu.com/2972.html

ジーンズは最近ではいろいろなデザインのものが、販売されているので大人っぽいコーデから、カジュアルなコーデ、メンズライクなコーデにまで活用することができます。

そんなジーンズを使ったおしゃれな着こなし方を、合わせるアイテム別に紹介していきます。

ジーンズ☓ニット帽コーデ

ジーンズ ニット帽画像引用元;http://magazine.cubki.jp/articles/49402368.html

ジーンズとニット帽は、カジュアルな着こなしにするにはぴったりの組み合わせです。

去年ごろから流行りだしたクラッシュジーンズに、ニット帽を合わせると程よい抜け感が演出でき、ジーンズをロールアップすることで、さらにセクシーなコーデにすることができます。

このように全体的にシンプルな色合いのものでまとめているときは、足元にパッと目をひく明るい色のものを持ってくると良いですよ。

ジーンズ☓コートコーデ

ジーンズ コート画像引用元;http://matome.naver.jp/odai/2141852055418870201

ジーンズとコートを合わせると、ジーンズのカジュアル感をコートが程よく大人っぽくしてくれるので、大人カジュアルなコーデが仕上がります。

ジーンズもスキニーのようにフィット感のあるものを選ぶと、スタイル良く見せてくれるので、より一層上品なコーデにしてくれます。

ジーンズ☓ジャケットコーデ

ジーンズ ジャケット画像引用元;http://beautyfasshion.net/archives/1772

このようにロールアップしたフィット感のあるジーンズに、メンズライクなジャケットを合わせると、クールなだけでなく大人な上品さもプラスしてくれるので、程よい甘辛MIXコーデを演出してくれます。

腰に巻いた赤のチェックシャツが、良いアクセントになっていておしゃれですよね。

2016年冬のジーンズコーデ特集

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/komasan1106/8433678/

インディゴブルーの色合いが絶妙なジーンズはスキニータイプをチョイスすることで、メリハリのあるカジュアルコーデをアシストしてくれます。

裾をロールアップして履くことでグッとアクティブな雰囲気が加わります。同じような色合いのデニムジャケット合わせたデニムONデニムコーデもオススメです。

ロングカーディガンをプラスすればグッとシーズンライクにキマります。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/lvexxxx/8434507/

ダーメージ加工がしてあり、グランジファッションが好きな方におススメしたいジーンズです。程よいユーズド感で、カジュアルコーデには持って来いな一枚です。

くるぶし丈なので、ブーツやブーティーなどのお履き物を邪魔しないデザインになっています。スキニータイプですので、トップスにボリュームを持ってきたコーディネートと相性がいいです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/ari0818m/8433172/

おしゃれと人気の高い切りっぱなしジーンズがトレンドアイテムのスニーカーと相性抜群なスタイルです。

少し厚めのカーキのトップスチェックのストールがトップにボリューム感をもたせることから、ジーンズがより足元を長くシュッと見せてくれています。

手にしたベージュのトレンチ風コートを羽織ると一味違った上質な大人女子を演出してくれそうな、おすすめ必見コーデです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/mayuko718325/8211372/

体型がピチピチに出るほどのスキニーなジーンズは、女性にしか着れないアイテムです。ヒップラインが露になり、セクシーなのにカジュアルという嫌らしくない感じが大人です。

くるぶし丈ですので、靴はスニーカーでもヒールでもなんでも合わせやすいです。それに合わせるトップスは、ボリュームのある物を持ってきてメリハリコーデがおススメです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/suzy4/8431797/

スリムストレートラインのインディゴのジーンズです。様々な洋服と合わせてもバランスのとりやすい色と形です。

スリムストレートの折り返しデニムパンツで履き心地も良く、軽やかな服装を演出してくれます。

これからの季節、セーターに合わせてもコートに合わせても、いろいろな色と形の組み合わせを楽しむことができるジーンズです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/tae0v015/8432963/

このジーンズはゆるコーデのボトムスとして是非一本は持っておきたいアイテムです。スニーカーと相性抜群でカジュアル派さんには大変合わせやすいデザインとなっています。

ゆとりのあるデザインながらも濃いめのお色ですのでコーディネートとしては引き締まります。また、寒い季節でも中に着込むことができるぐらいゆとりがありますので、防寒対策もしっかりできます。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/aya1031/8433624/

ふわもこのゆったり大きめなアウターがとってもかわいい今年流行のチェスターコートが、ざっくりさを引き締めるスキニージーンズと好相性なコーデです。

定番デニムコーデを一蹴し、お洒落さんに見せる魅了テクニックが満載です。足下は人気のアースカラー、ブラウンのショートブーツが可愛らしいですね。冬のお出掛けコーディネートは是非真似したい必見スタイルです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/yukieiura2015/8375048/

裾の切りっぱなしデザインが、今年っぽいスタイリングに仕上げてくれるジーンズです。ダメージの入ったクラッシュデニムはカジュアルにもきれいめコーデのはずしアイテムとしても履くことができ、一枚で色々な着こなしをすることができます。

足首の見えるクロップド丈が、華奢みせ効果もあり、女性らしい印象をプラスしてくれます。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/welina0620/8423814/

薄い色のゆったりしたジーンズにボンバージャケットとを合わせてメンズライクなコーディネートにしています。

小物にベレー帽やショルダーバッグを合わせる事で女性らしさもプラスしています。ヒールではなくあえてフラットシューズを合わせる事で、フェミニンになりすぎない印象です。

暗めの色が多いのでバッグのオレンジが差し色になっています。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/nyaobu/8436304/

八分丈のジーンズにブーティーを合わせて、足首を見せる事でスッキリした印象になっています。ボトムがカジュアルなので、ファーのクラッチバッグやベレー帽を合わせる事でフェミニンな仕上がりになります。

首まわりにボリュームを持ってくる事で小顔効果と目線が上に来るので、足長効果があります。ニットが白なので、アウターが黒でも重たくならないです。

スポンサーリンク

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/wailee/6052692/

すり減った着古し感にダメージング、カットオフとかなりの抜け感が特徴の9分丈ジーンズですが、ここまでタイトなラインであれば日常使いはもちろん、おしゃれアイテムとしても成立しています。

シンプルなスニーカーも抜け感アイテムとして目を引きますが、細身のロング丈コートが脚長効果もあり、スタイリッシュな印象を保っています。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/taeko0624/5987079/

オーバーサイズのハードデザインのムートンコート、ボーイッシュなスニーカー、そしてシンプルながらもやはりオーバーサイズなブルージーンズと、まるでメンズファッションのような雰囲気のあるユニークなコーデです。

可愛らしく着こなすにはやはりオーバーサイズがポイントとなっています。元気いっぱいな印象とガーリーな雰囲気が組み合わさっているのが面白いですね。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/bbtyb092/8334322/

ちょっとした外出時でもさりげないおしゃれを加えたいものですが、そこで意識したいのが普段使いの代表アイテムであるジーンズです。

野暮ったくなるのもセンスよくまとめるのもコーデ次第ですが、くるぶしを見せ、さらにカットオフでエフォートレスな雰囲気を作っており、オフのリラックス感、そしてさりげないおしゃれ感が漂っています。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/shino1226/8327291/

ハイウエストデザインのジーンズはカジュアルに脚長効果が狙える優秀アイテムです。インディゴブルーの深みのある色合いでさらにメリハリがアップします。

白のシンプルなトップスをウエストINして着こなして、ふわふわのボリューム感が目を引くムートンコートをサラッと羽織れば、こなれ感のある冬コーデに仕上がります。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/lvexxxx/8343688/

ワイドなデニムにもこもこアウターを合わせてボリュームのあるコーディネイトになっています。全体を黒でまとめ、ウエストを絞る事でメリハリのあるスッキリした雰囲気に。

ジーンズの裾はあえて切りっぱなしの部分をみせるようにロールアップし、カジュアルな仕上がりになってます。小物をキャップやスニーカーにする事で、メンズライクな印象です。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/tera1008/8410685/

ぴったり細身のスキニータイプが現在のジーンズの定番となっていますが、実はゆったりとしたストレートタイプも復活の兆しを見せ始めています。

アウターに黒のライダースジャケットと、辛めのコーデと思いきやハンティング帽は意外とキュート、インナーのホワイトやマフラーの素材感では自然な女性らしさを演出しています。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/moooyon/8430889/

カジュアルながらも積極的におしゃれアイテムとして利用したいのがジーンズで、冬コーデであってもロールアップしてあえてアンクルを見せるとグッとファッションセンスが高まります。

すっきりスキニーと、こなれた感じの開襟コートによるフワッと拡がりは上下の対比が面白く、普段使いはもちろんお出かけにも積極的に着こなしたいコーデです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/welina0620/8423683/

カジュアル可愛いスタイルを目指すなら、ジーンズは何本も欲しくなりますよね。スキニーもいいけれど、個性を出したいならゆるめのボーイフレンドがオススメです。

ボーイフレンドタイプも、パステルピンクのふわもこカーディガンを合わせると、ボーイッシュになりすぎず可愛くなります。可愛いアウターは、あえてジーンズで崩して、今年はモテボーイッシュに挑戦してみるのもおすすめです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/maki1127/8420885/

このジーンズはシンプルながらも膝や足首のあたりは個性のあるデザインなので、普段使いからお出かけまで着回せます。

シンプルテイストはもちろん、華やかテイストにも合います。足首が出る丈なので抜け感は出せますし、フリンジ効果で足首の華奢感も期待できます。定番のお色なので一本持っておくとコーディネートに幅が出るのでおすすめです。

ジーンズ画像引用元;http://wear.jp/mayuko718325/5919627/

膝の部分にダメージが施してあり、健康的な肌見せファッションが出来るジーンズです。

冬の寒い時に、ダウンジャケットやロング丈のコートを着る際におススメします。ボリュームのあるアウターやトップスに、スキニーパンツを合わせるとスタイルよく決まります。

また、ロングブーツを履く際には裾が邪魔にならないのでぜひ一本は持っておきたいアイテムです。

まとめ

ジーンズ画像引用元;http://zaodo.com/short/hikui/人気コーディネート/

とも

いかがでしたか?

ジーンズは男女問わず一年中大人気のアイテムです。そんなジーンズは定番のアイテムなだけあって、コーデがマンネリ化してしまいがちですが、その時その時のトレンドアイテムを上手く使うと、いつもと違ったジーンズの良さが見えてくると思います。

ぜひこの機会にジーンズを使ったいろいろなコーデに、挑戦してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です