冬のスカンツ・コーデにオススメのアウター特集

スカンツとアウター
とも

去年あたりから登場してきて、一気に定番アイテム化しているスカンツ。

最近では季節問わず、いろいろな所で目にする機会も増えてきたのではないでしょうか。

そんなスカンツは、カジュアルなコーデだけでなく、ガーリーなコーデ、フェミニンなコーデからクールなコーデまで、様々な可能性を見せてくれるアイテムです。

スポンサーリンク

スカンツとは!?

スカンツ画像引用元;http://osharegirls.com/archives/8171

スカンツとは、スカートの要素とワイドパンツの要素を組み合わせたアイテムです。

同じようなシルエットと名前でよく、勘違いされやすいスカーチョとの大きな違いは、スカンツのほうはワイドパンツの要素が強いため、裾の広がりがスカーチョに比べて小さいことです。

しかし両アイテムとも、合わせるアイテム一つでガーリーにもカジュアルにもしてくれる、万能アイテムです。

スカンツの人気や口コミについて

冬のスカンツの着こなし術

スカンツ画像引用元;http://dorama-isho.com/archives/5403

スカンツは合わせるアイテムや着こなしによって、様々な顔を見せてくれるアイテムです。

ですから、普段のおでかけにもデートコーデにも、またオフィスやパーティーに着て行けるようなコーデにも活かすことができるので、幅広い年齢層の人たちから人気を集め続けています。

そんなスカンツのアウターとのおしゃれな合わせ方を、いくつか紹介していきます。

スカンツ☓ロング丈のアウター

ロング丈画像引用元;https://kinarino.jp/cat1-ファッション/18800-この春、旬なボトムス「スカンツ」でトレンドコーディネートを楽しもう♪

ロング丈のアウターは、特に今年、トレンドとなっているアイテムです。

カーディガンやダッフルコートのだけじゃなく、なんでもロング丈のものを選ぶと、大人っぽい要素がプラスされるため、若い世代の女性だけでなく30〜40代の女性にもおすすめのアイテムなのです。

ボリュームのあるアウターとボトムスには、このような軽めのスリッポンがおすすめです。

スカンツ☓レザージャケット

レザージャケット画像引用元;https://cuta.jp/6578

レザージャケットのようなかっこいいアイテムには、暗めのカラーのスカンツがおすすめです。

このようにグレーでまとめたコーデにレザージャケットを合わせることで、アクセントになっていておしゃれです。

また、そこにあえてスニーカーを合わせているため、カジュアルな親しみやすいコーデになっています。

スカンツ☓ベスト

スカンツ画像引用元;https://news.prcm.jp/article/61360

スカンツをデザイン性のあるものを選んだときは、トップスにはシンプルなものを持ってくるのがおすすめです。

ですからこのようなチェックのスカンツに深い緑のニットベストを合わせたコーデは、季節感があってしっかりまとまったコーデになっています。

スカンツ☓モッズコート

モッズコート画像引用元;https://likes-work.com/articles/5P2Tj

毎年いろんな形が出ていて不動の人気があるモッズコート。モッズコートは何にでも合わせやすいですよね。

今年流行しているスカンツを合わせると今年っぽくオシャレ感がアップします。

足元はフラットシューズでもいいですし、あえてカジュアルにスニーカーを合わせてもいいかもしれませんね。

2016年冬のスカンツコーデ特集

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/yuki5901/8521201/

女性らしいフレアのシルエットが魅力のスカンツは着まわし力バツグンのブラックカラーをチョイスすればグッとコーデの幅が広がります。

白トップスをウエストINしてベーシックに着こなしていて好印象です。

キレイめなシルエットのロング丈のアウターをプラスすることで、大人カジュアルコーデに仕上がります。ライトグレーの色合いで軽やかな雰囲気になります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/ingni123/8534980/

黒のアウターに白タートルとピンクのスカンツを合わせたことで、顔色が明るく映えた、黒×パステル系の甘辛コーデMIXです。

また、足元の編み上げブーツで全体を甘すぎないよう締めており、バランスがちょうど良いコーディネートと言えます。

防寒対策もインナーのタートルと黒のアウターでバッチリです。それでも寒い方はふんわりスカンツの下に、黒タイツを履いて暖かに過ごしてみるのも良いですよ。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/denimewebstore/8424145/

ギャザーをたっぷりと施されているネイビーのスカンツはゆるシルエットでリラックスムード漂うアイテムです。

白のトップスを合わせて爽やかさをプラスして好バランスに。アウターはメンズライクな黒のブルゾンをチョイスすればこなれ感のあるカジュアルコーデに仕上がります。

白のスニーカーで軽やかにまとまります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/terushate/8531784/

サラッとした履き心地が魅力のスカンツは、トレンドライクなカーキ色でグッとこなれ感のある雰囲気をアシストしてくれます。フレアのシルエットで女性らしさも加わります。

白のVネックトップスを合わせてほんのりメンズライクなアウターを合わせることでワンランク上の印象にキマります。落ち着きのある配色も好印象です。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/wakowako/8546287/

ブラックカラーのほんのり大人っぽさ漂うマキシ丈スカンツはベーシックなシルエットで着まわし力バツグンのアイテムです。フェミニンにもカジュアルにも装えるのでヘビロテ確実です。

白のトップスにトレンドライクなカーキ色のアウターをサラッと羽織れば、グッとこなれ感あふれるカジュアルコーデが完成します。黒のスニーカーでアクティブにまとめているのも良いですね。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/himawari1212/8526604/

サラッとした履き心地の白のプリーツデザインのスカンツはエレガント感とアクティブ感を兼備する魅力あふれる一枚です。カジュアルにもフェミニンも着回せますので、コーデの幅が広がります。

白のタートルネックのニットを合わせてワントーンコーデにまとめて、今シーズントレンドのカーキ色のアウターをプラスすればグッとトレンドライクにキマります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/harupyos/8334480/

両サイドにタックが施されていてボリューミーに広がるフレアのシルエットで美スタイルが叶うスカンツです。ベーシックなベージュカラーで大人っぽさも漂います。

白のトップスにスカーフをプラスしたエレガントなアクセントで好バランスにキマります。アウターはあえてメンズライクなオーバーサイズの黒のブルゾンを羽織ることでこなれ感のあるスタイルになりますよ。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/mintogumi/8418060/

フェミニンに揺れるフレアのシルエットが魅力のスカンツはブラックカラーで女性らしくコーデの幅を広げてくれる重宝アイテムです。

程よく抜け感のあるVネックニットを合わせれば、シックながらトレンドライクな印象にキマります。赤のアウター&チェック柄マフラーをプラスすれば、グッとガーリーな雰囲気のコーデに仕上がります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/ye39/8543544/

男の子っぽいアウターに、インパクトあるストライプ柄のスカンツとベレー帽とブーツがすごくマッチしています。

ボトムとベレー帽、インナーのカラーがガーリーな感じを出しているけれど、ちょっとルーズなサイズのアウターがいい感じのハズしアイテムになっていて、かえってかわいらしい雰囲気を出しています。

ただかわいいだけじゃ物足りないという人におすすめなコーデです。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/xhkx6/8440528/

パープルベースの小花柄がエレガント感あふれるスカンツはボトムから主役級に装える一枚です。

白のカジュアル度の高いトップスをウエストINして、メンズライクな黒のアウターをサラッと羽織れば他と差のつく甘辛ミックスコーデが完成します。

黒のスニーカーを合わせることでまとまり感がプラスされ、カジュアルダウンしてくれますよ。

スポンサーリンク

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/uuuuzmk/8385135/

流行中のスカンツですが、夏コーデと違い、冬は地味になりがち。そんな時、アウターや小物を一工夫すれば一味違うオシャレができます。

スカンツは、下にボリューム感があるので、アウターは丈が短い方がバランスも良いし、すっきり見えます。ダッフルも短めだとバランス抜群です。ストールやマフラーなどを差し色に持ってこれば間違いなしです。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/iwts2777/8443290/

レザーのアウターとネイビーのスカンツのコーデです。ネイビーと相性のいいピンクのアウターとバッグが、カジュアルになりがちなスカンツのコーデをぐっと格上げしてくれています。

つば広のハットとセクシーなデザインのパンプスが、とてもレディライクでセレブな雰囲気を出しています。柔らかいスカンツとレザーのアウターはとっても相性が良いので冬におすすめのコーデですね。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/wear10041/8496950/

今シーズントレンドのカーキ色のスカンツはベルトでウエストマークして着こなすことでメリハリのあるシルエットが叶います。

程よく大人っぽい色合いのワインレッドのトップスをウエストINして着こなせばシーズンムード高まる配色にまとまります。グレーのノーカラーのアウターをプラスすることでシックながらこなれ感のある雰囲気にキマります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/ingni123/8316029/

細ベルトでウエストマークした黒のスカンツはハイウエストデザインでシーズンライクに脚長効果が得られるアイテムです。ショート丈のアウターと相性バッチリですよ。

こっくりとしたワインレッドのトップスをウエストINして、インディゴブルーのデニムジャケットを羽織れば、メリハリのあるカジュアルコーデに仕上がります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/yuaria/8368969/

エレガント感あふれるフレアのシルエットが魅力のスカンツはホワイトカラーで女性らしさが際立ちます。

ベーシックな黒のハイネックトップスをウエストINして着こなせば、シンプルながら大人っぽいモノトーンコーデに仕上がります。

奥行きを感じるブラウンカラーが大人っぽい、ロング丈のアウターをサラッと羽織ると、こなれ感がアップしますよ。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/ingni123/8535163/

グレーのスカンツにはグレーと相性のいいパステルカラーのアウターを合わせると、女の子らしくなりますよ。

ブルーのコートに白のインナーとバッグで冬パステルのかわいらしさに、グレーのスカンツと黒の足元でちょっと落ち着いた雰囲気もとり入れていますね。

かわいいだけじゃない、ちょっと大人な冬コーデにしたいとき、こんな組み合わせはとり入れやすくておすすめです。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/goa31/8543749/

今年流行のスカンツを取り入れたコーディネートです。10分丈のスカンツに、柄が大きなアウターを合わせ、個性的な組み合わせでまとめています。

スカンツは、ロングのアウターと合わせることで、脚長効果が期待でき、全体にスタイル良く見えます。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/mii2selfish3/8084254/

幅広めのプリーツデザインが目を引くスカンツは、こっくりとしたワインレッドの色合いでワンランク上の印象にコーデをアシストしてくれるアイテムです。シンプルな白のVネックトップスと好相性です。

アウターは辛口テイストのライダースジャケットをプラスすることでグッとこなれ感あふれるスタイルにキマります。白のスニーカーでハズしを加えてみるのもおすすめです。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/notheq993/8528467/

今シーズントレンドのテラコッタカラーのスカンツは旬顔をアシストしてくれるアイテムです。ボリューミーなフレアのシルエットで女性らしさも加わります。

ライトカラーのVネックトップスを合わせることで爽やかにキマります。シックな色合いのダークグレーのロング丈アウターを羽織ることでシーズンライクにまとまります。

 

スカンツとアウター画像引用元;http://wear.jp/harupi1230/8307051/

黒のアウターに黒のスカンツをコーデ。黒のパンツだとカッコよすぎちゃうところを、スカンツを合わせてブラックコーデを柔らかな雰囲気に仕上げています。

明るい色のインナーに白のスニーカーで、普通のコーデになりそうなところを、黒のライダースとスカンツできりっと引き締めています。

かわいさとカッコよさ両方欲しい人におすすめコーデです。

まとめ

スカンツ画像引用元;https://minafashion.biz/2016spring/11070

とも

いかがでしたか?

スカンツは去年から流行っていて、街でもテレビでもよく見かけますよね。

シーズンごとに、スカンツでも色んな仕様のスカンツが出てきていますし、トップスも何にでも合わせやすいのでスカンツは、絶対持っておくべきアイテムの一つです。

今年の冬にぜひ、スカンツコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です